Maarten

名前:Maarten Rutte (マーテン・ルッテ)
出身:Zoetermeer, Nederland (ズータメア市、オランダ)
所属:佐賀県 地域交流部 国際課(毎週水曜日は佐賀国際交流プラザ勤務)
着任:2019年8月から
趣味:音楽、映画、工芸、山登り、海水浴

初めまして!マーテンと言います。26歳のオランダ人です。

私の出身の町はZoetermeer(ズータメア市)という、のんびりしたベッドタウンです。高校性になってからは、オランダの政府がある市Den Haag(デン・ハーグ市)によく遊びにいきました。デン・ハーグには、政府の建物など以外にオランダ国王のオフィスであるPaleis Noordeinde(ノールドアインデ宮)や国際司法裁判所の拠点となる平和宮や、日本人に意外と知られているスケベニンゲンという町があります。

大学生になったら、Leiden(ライデン市)にあるライデン大学で日本学科に入学して、日本語を学び始めました。ライデンは大学の歴史が長くて、オランダの「学生の都市」の一つとも呼ばれます。ドイツ人の医者・博物学者のシーボルト氏は日本から追放された後、ライデン住んで日本で見つけた生物・植物・工芸品などを展示し、現代は彼が住んでいた家は博物館となりました。

ライデン大学で勉強を進みながら、福岡に三か月言語学校を通い、大阪大学に留学してから卒業しました。その後、1年間福岡の会社に勤め、そして佐賀に参りました。現在は国際交流員として、県庁の翻訳通訳業務(日英・英日)や、佐賀県に派遣されたALT(外国語指導助手)のサポート役を担当しています。

(アーンヘナーム・ケニス・テ・マーケン)
Aangenaam kennis te maken!
(始めました!よろしくお願いします!)