CIR (国際交流員)

Coordinator for International Relations (CIRs)

佐賀県のCIR(国際交流員)の活動を紹介するサイトです.

CIRs work in prefectural/municipal government offices or other organizations engaged in a variety of grass-roots exchange and internationalization activities.

Precise responsibilities vary according to the CIR’s contracting organization but they can include: translation, interpreting, school visits, language classes, cultural lectures, international economic exchange projects, event planning, hosting dignitaries from overseas, and more.

Find our more below:

佐賀県のCIR(国際交流員)の活動を紹介するサイトです

国際交流員(通称:CIR)は、JETプログラムを通じて、県内各地域の国際化や国際理解の推進のために地方自治体(県や市町村)で勤務しています。CIRは日頃、公用文や観光パンフレットの翻訳、外国人訪問者の通訳のほか、多文化教育のために保育園や学校を訪問したり、県民を対象とした語学講座などを実施しています。現在、佐賀県には中国、韓国、ドイツ、アメリカの4カ国から6名のCIRが配置されています。

JETプログラムについて

昭和62年に、地域レベルの国際化の推進と外国語教育の充実などを目的に、総務省、外務省、文部科学省、および財団法人自治体国際化協会(CLAIR)の協力の下、地方公共団体が外国青年を招致するJETプログラム〔「語学指導等を行う外国青年招致事業」(The Japan Exchange and Teaching Programme)〕が開始されました。

その職種には、地域において国際交流活動に従事する国際交流員(CIR = Coordinator for International Relations)、中学校や高等学校で語学指導に従事する外国語指導助手(ALT = Assistant Language Teacher)、及び地域においてスポーツを通じた国際交流活動に従事するスポーツ国際交流員(SEA = Sports Exchange Advisor)があって、いずれも、各地の地方公共団体等に配置されて、大都市から地方の中小都市や農村漁村に至るまで文字通り全国津々浦々で活躍しています。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s